ダイヤモンド・グレーディング・レポート照会サービス

English

14の有名ダイヤモンド

14の有名ダイヤモンド

コー・イ・ヌール・ダイヤモンド

Koh-i-Nur Diamond

1304年頃発見された後、このダイヤはインドのラジャ王一族が所有していました。200年後ムガル帝国の皇帝の所有となり、タージ・マハルを建立したシャー・ジャハーン帝を経た後、人手を転々としたといわれます。1739年 ペルシャ王シャー・ナディールがインドに侵略した際、このダイヤはペルシア王の手に入り、王はそのきらめきを見て「コー・イ・ヌール(光の山という意味) !」と叫んだといわれます。その後、1850年に東インド会社を経てビクトリア女王に献上されました。1851年ロンドンの第1回万国博覧会に出展されましたが、輝きの少なさに 人々が失望したため、女王はアムステルダムの研磨師を招いて再研磨させました。再研磨前の186ctから108.93ctに仕上げられ、その後も戴冠式などで重要な英国王室の宝石としての地位を占めています。

シャー・ダイヤモンド

Shah Diamond

88.70ctの角棒状のダイヤモンドです。
インドのゴルコンダで発見されたといわれます。一部が研磨され3カ所に彫刻文字が刻まれています。フランスの宝石商で旅行家のタベルニエは、1655年インドのデリーで、このダイヤモンドがアウラングゼーブ帝の王座に飾られていたのを見ています。その後ペルシャの侵攻によりペルシャ王のものとなりました。1829年にペルシア人によるロシア大使殺害事件の陳謝のために、ペルシア政府はロシア皇帝ニコライ1世に贈りました。第一次世界大戦時には安全のためにモスクワに送られました。1922年のロシア革命後、厳重な箱に収められたこのダイヤモンドが見つけられました。現在この「シャー・ダイヤモンド」は、ロシアの財宝の一つとしてクレムリン・ ミュージアムに展示されています。

パシャ・オブ・エジプト・ダイヤモンド

Pasha of Egypt Diamond

40ctのインド産の八角形(オクタゴン)にブリリアント・カットされたものです。
1848年エジプトの将軍イブラヒム・パシャが2万8000ポンドで購入し、その息子のイスマイル・パシャが1879年に免職、追放された時に、多量の宝石とともに持ち去ったと当時の歴史家は記録しています。その後売却され、1933年にはカルティエによってエジプトに売られファルーク王の所有となりました。これをイタリアの宝石商ブルガリが買い取り、アメリカのバーバラ・ハットン夫人に売却。しかし彼女はこの八角形が気に入らず、カルティエに再カットを依頼しました。38.19ctで指輪にセットされ、その後再びカットされて36.22ctとなって、現在はヨーロッパで個人所有になっているといわれています。

オルロフ・ ダイヤモンド

Orloff Diamond

卵を半分に切った形の199.60ctのダイヤモンドで、クレムリン宮殿のロシアの財宝の一つとして、皇帝の王笏にセットされ展示されています。
このオルロフ・ダイヤモンドは、1774年グレゴリ・オルロフ伯爵が、ロシアの女帝エカテリーナ2世に献上したものです。オルロフ伯はアムステルダムで45万ドルで購入したといわれます。一方、このダイヤはフランスの宝石商タベルニエがインドで見て以来歴史的に消失したといわれる、グレート・ムガル・ダイヤモンドではないかといわれています。オルロフ伯が手にしたダイヤが本物のグレート・ムガル・ダイヤモンドであるなら、ペルシャ王シャー・ナディールによるインド・デリーの陥落の際の戦利品の一部であり、それがアムステルダムにもたらされたものと考えられます。

ピゴット・ ダイヤモンド

Pigot Diamond

重さ47ctから85.80ctまでいろいろな説があるダイヤモンドです。インドのマドラスの二代目総督であったジョージ・ピゴット男爵が所有していた為、彼の名前がつけられました。その後何度も人手に渡り、一時はナポレオンの母のマダム・ボナパルトが持っていたともいわれます。最後は1818年にアルバニアの統治者アリ・パシャが15万ドルで購入しました。彼が80歳の時の1822年トルコ皇帝が彼の都市を包囲した際、このダイヤの引き渡しを要求しました。宮廷で格闘になり、アリ・パシャは致命傷を負いました。瀕死の床で部下の将軍にピゴット・ダイヤモンドを手渡し、目の前で打ち砕くよう命じました。破壊されたという証拠はありませんが、以後現在までこのダイヤモンドの痕跡は見当りません。前もってイギリスで造られた模型が残っているだけです。

サンシー・ダイヤモンド

Sancy Diamond

1570年頃トルコのフランス大使でサンシーの領主、ニコラ・アルレーがコンスタンチノープルで購入したダイヤで、ファセット(面)が対称に研磨された最初のダイヤです。彼はこれをフランスに持ち帰りました。1605年サンシーはイギリスのジェームズ1世に売られ、その後フランスのルイ14世に売られました。1792年の王室財宝庫からの宝飾品の盗難で他の宝石と供に盗まれましたが、1828年フランスに返却されました。その後も色々な人手に渡り、1906年ウィリアム・W・アスターが購入しました。しかしインド・パチアラのマハラジャがこのダイヤを持っていると主張。2つのダイヤは似ていますが、アスター氏の方が、サンシー・ダイヤモンドの記述(55ct 全面ファセットのぺアー・シェープ)に一致しています。現在はルーブル美術館に展示されています。

スター・オブ・ザ・サウス・ダイヤモンド

Star of the South Diamond

1853年7月ブラジルのバガジェム鉱山で奴隷が発見した、原石が261.88ctのダイヤモンド。ブラジルで発見されたダイヤの中で一番大きいものです。アムステルダムで128.80ctのクッション・ブリリアントに研磨されました。
研磨には2ヶ月以上かかりました。無色のダイヤで内部にローズ色の閃光があります。
1862年のロンドンの展示会でこのダイヤモンドは展示され、インドの国王に4万フランで売却されました。現在はボンベイの個人所有となっています。

フローレンティン・ダイヤモンド

Florentine Diamond

137.27ctのインド産ダイヤで色はレモン・イエロー。ダイヤの研磨法を発見した研磨師ベルケムがブルゴーニュ公シャルルのために研磨しました。ブルゴーニュ公が1477年のナンシーでの戦いで命を落とした時、他の宝石と一緒に身につけていたのをあるスイス人が偶然に見つけ、ガラスだと思い安価で売りました。その後様々な人の手に渡りました。1665年フランスの宝石商タベルニエがフローレンスのメディチ家を訪ねた時、トスカナ大公が彼に黄色のきれいなダイヤモンドを見せたと記述しています。1737年オーストリアの女王マリア・テレジアのロレーヌ公国のフランツ・トスカナ大公との結婚の際に、ハプスブルグ家の王冠に王室の宝石と してセットされました。後にこのダイヤはペンダント・ブローチにセットされ50,000ドルと評価されました。1918年王権の崩壊の際、皇帝カールI世はスイスへ亡命する時にその石を一緒に持っていったといわれています。その後のこのダイヤの行方は全く知られていません。

グレート・ムガル・ダイヤモンド

Great Mogul Diamond

タージ・マハルを建てた事で有名なムガル皇帝シャー・ジャハーンの息子アウラングゼーブ帝がフランスの宝石商タベルニエにこのダイヤを見せたと言います。皇帝の財宝を見ることを許された最初のヨーロッパ人であるタベルニエの話によると、グレート・ムガールは1550年頃にゴルコンダの近くの鉱山で発見され、原石は787.50ctの重さがあったといいます。しかし、タベルニエが見たときは280ctしかなく、卵を半分にしたような形と記しています。実は、このダイヤには内部に沢山のきずが入っていたために、研磨師に何度もサイズを減らさせることになったのです。研磨の間違いから、元の780ctから280ctしか残らなかったのでした。ペルシャの王、シャー・ナディールによる1739年のデリーの陥落により、グレート・ムガールやコー・イ・ヌールを含む皇帝の財宝はペルシャ人の手に渡りました。1747年にシャー・ナディールが彼の将校たちに殺害された後、全ての宝石の足取りは失われます。だいたい同じ形をしたオルロフではないかといわれています。

ホープ・ダイヤモンド

Hope Diamond

所有者に不幸をもたらすという噂を持つ珍しいサファイア・ブルーの45.50ctのダイヤです。
旅行宝石商のタベルニエが1642年112.25ctのブルーのダイヤをインドで購入、これをルイ14世に売り、再研磨されハート形になったといわれています。1792年の王室財宝庫からの宝飾品の盗難後消失しました。出典によって異なりますが、このダイヤはサイズがかなり小さくなった状態で1830年にロンドンで売りに出され再び姿を現わし、銀行家のヘンリー・フィリップ・ホープによって購入されホープ家が長い間所有した為、ホープの名がつけられました。その後トルコ皇帝アブダル・ハミットII世が購入しましたが1年後には退位させられ、エドワードB. マクリーンによって夫人の為に買われました。不幸にもこのダイヤが災いのもとといわれる様に家族に事故などが起こりますがマクリーン夫人は持ち続け、夫人の死後、宝石商ハリー・ウィンストンがホープを購入し、個人コレクションに加えました。約10年後、彼はワシントンのスミソニアン博物館へ寄贈、今日まで展示されており、その色と伝説的な宝石の不思議な輝きで来館者を魅了しています。

ジュビリー・ ダイヤモンド

Jubilee Diamond

1895年、南アフリカのヤガースフォンテイン鉱山(オレンジ自由州)で650.80ctの原石が発見され、この州の総督にちなんでライツと名付けられました。2年後、その年はこのダイヤが研磨された年であり、ビクトリア女王の即位60年祭(ジュビリー)でもあったため、「ジュビリー」と名付けられました。
245.35ctのクッション・ブリリアントに研磨されましたが、その際に無色の非常に完璧な13.34ctのペアシェイプのダイヤも取る事が出来ました。インドの大実業家、サー・ドラブ・タータが、彼が死ぬまでこのダイヤを持っていました。彼の相続人は1939年にカルティエを通じて売却、現在このダイヤは個人の所有となっています。

ナサック・ダイヤモンド

Koh-i-Nur Diamond

もとは90ctの、重量のロスを最小限にして保 たれたファセット(面)の少ない三角形のダイ ヤで、現在は43.38ctのエメラルド・カットに研磨されています。最初はインドの王子が所有し、アハラシュトラ州のナサックの地下寺院に安置されていたシヴァ神の像にこのダイヤをセットしました。英国のインドへの侵略の際、戦利品の中にナサックも含まれていました。ヘースティングス候がロンドンへ送り、三角形を保ったまま80.59ctに再研磨され、更に輝きを得ました。その後ウエストミンスター公などを経てハリーウィンストン社が入手、43.38ctのエメラルドカットに再研磨され更に輝くようになりました。1944年、ニューヨークの宝石商からウィリアム・B・リード夫人に売却、バゲットカットダイヤに囲まれたリングにセットされています。

リージェント・ダイヤモンド

Regent Diamond

原石は、1700年頃ゴルコンダの南の鉱山で発見された410ctを超えるものです。様々な逸話がありますが確かな話として、原石は18世紀初めに、マドラスの駐屯地の総督であるトーマス・ピット(英国の首相であったウィリアム・ピットの祖父)に売られて英国へ送られ、140.50ctのクッション・シェープに研磨されました。その後1707年、フランスのルイ15世の摂政(リージェント)であったオルレアン公フィリップが購入、名前をリージェントと変えました。1792年の王室財宝庫からの宝飾品の盗難後消失しましたが発見され、ナポレオンが戴冠式で身につけました。ナポレオン追放後、妻のマリー・ルイーズが持ち出しましたが、父親のオーストリア皇帝がフランスへ返却しました。現在はルーブル美術館に展示されています。

ポーラ・スター・ダイヤモンド

Polar Star Diamond

有名なインド産の、色と品質共に良い40ctのダイヤモンド。かつてナポレオン1世の長兄が所持していたといわれます。このダイヤは1820年にロシアに渡り、100年もの間貴族のユスポフ家に所蔵されていました。その後、パリの宝石商カルティエに売却され、1928年にカルティエから石油王デターディング卿夫人に売られました。夫人の死後、クリスティーズによって競売にかけられ、スリランカの業者がこの石を手に入れたといわれています。

Page Top