CGL通信 vol28 「平成27年度宝石学会(日本)」

CGL通信


CGL通信 vol28 「平成27年度宝石学会(日本)」

大阪支店 奥田 薫、水野 拓也

宝石学会(日本)は、宝石学およびこれに密接に関連する科学の進歩と普及をはかることを目的として、1974年に設立されました。国内で年に1回開催される講演会(学会発表)では、宝石に関する最新の情報や研究結果が報告されています。
本年度は山梨県にて、総会・講演会が6月27日に、見学会が6月28日に開催されました。

やまなしプラザ・オープンスクエアー
やまなしプラザ・オープンスクエアー

講演会
やまなしプラザ・オープンスクエアーにて開催された講演会(学会発表)では、国内の主要な鑑別機関をはじめ、山梨県立宝石美術専門学校や大学および宝石業界関係者等73名が参加し、特別講演1題および一般講演17題の発表が行われました。
特別講演では、山梨大学の綿打敏司教授による「合成結晶研究の歩みと最新の結晶合成の紹介~クリスタル科学研究センターの功績と最新の話題~」が行われました。

特別講演中の綿打教授
特別講演中の綿打教授

 

講演風景
講演風景

一般講演の内訳は、カラーストーン関連9題、真珠関連4題、ダイヤモンド関連2題およびその他2題でした。
当社からは、江森健太郎所員(本社・リサーチ室)による「LA-ICP–MSによる微量元素測定と三次元プロットを用いたルビーとブルーサファイアの産地鑑別について」と、久永美生所員(本社・リサーチ室)による「Ⅰb型黄色~褐黄色のCVD合成ダイヤモンド」の2題が報告されました。

研究報告をする江森所員
研究報告をする江森所員

 

研究報告をする久永所員
研究報告をする久永所員

 

座長を務める北所員
座長を務める北脇所員

昨年度に引き続き、本年度の一般講演でも、鉱物学的な考察や新しい鑑別方法の提案だけでなく、人工結晶、ジュエリーを使用する上での耐久性に関する考察や、歴史、輝きの測定等、「宝石」をテーマに、多方面からのアプローチがされていました。改めて「宝石学会」が網羅する領域の広さを実感することができた講演会でした。

学会奨励賞
当社の久永美生所員が、ダイヤモンドの成長履歴に関する研究において優れた発表を続けていることが評価され、学会奨励賞を受賞しました。
本年度の学会奨励賞受賞者は、福田千紘氏(ジェムリサーチジャパン株式会社)との2名でした。

学会奨励賞を受賞した久永所員
学会奨励賞を受賞した久永所員

懇親会
講演会終了後は、古名屋ホテルにて懇親会が行われました。他の出席者の方々との交流がはかれ、有意義な時間を過ごすことができました。

懇親会の様子
懇親会の様子

見学会
見学会では、特別講演を行った綿打教授が在籍する「山梨大学工学部クリスタル科学研究センター」をはじめ、近隣の宝石関連博物館を訪れました。宝石加工・研磨や貴金属加工等、ジュエリー関連産業が集中する山梨県での開催とあって、見学した施設がどれも大変素晴らしかったことが印象的でした。

山梨大学工学部クリスタル科学研究センター
山梨大学工学部クリスタル科学研究センター

 

浮遊帯域(FZ)法合成装置
浮遊帯域 ( FZ ) 法合成装置

○山梨大学工学部クリスタル科学研究センター
天然の鉱物・宝石を人工合成する研究施設として、1962年に創立。地元業界との密接な交流を基に、その発展に貢献するとともに、人工鉱物として位置付けられる無機材料に関する最新の研究が行われています。今回は、特別講演で紹介された合成結晶や、それを生成する浮遊帯域(FZ)法合成装置を視察しました。

○山梨宝石博物館
宝石で名高い山梨県に創立された国内で唯一の宝石博物館。
原石、カット石、ジュエリー製品や彫刻作品に至るまで、約500種3,000点のコレクションが収集されています。

山梨宝石博物館
山梨宝石博物館

 

館内の様子
館内の様子

○象牙彫刻美術館
甲府盆地が一望できる丘の上に立つ美術館。
象牙を用いた細密彫刻やシベリアから発掘された5万年前のマンモスの牙等、約300点もの美術品が展示されています。

象牙彫刻美術館のある総合施設入口
象牙彫刻美術館のある総合施設入口

○山梨県立宝石美術専門学校附属ジュエリーミュージアム
(通称:山梨ジュエリーミュージアム)
山梨県におけるジュエリー産業の発祥と歴史、受け継がれてきた加工技術等が実演を含めて大変分かりやすく展示されていました。
期間限定の企画展では、「イメージをまとう  -  モチーフジュエリーの魅力-  」が開催されていました。◆

山梨ジュエリーミュージアム
山梨ジュエリーミュージアム