ダイヤモンド専門のミュージアム「ダイヤモンド・ミュージアム」

ダイヤモンド・ミュージアム - Diamond Museum
Diamond Museum : Homeダイヤモンドのカット › カットの変遷

2 [2]

2F | Variation | ダイヤモンドのカット

カットの変遷

古代インド

グレートムガル
シャー
グレートムガル
(レプリカ)

古代インドでは紀元前からダイヤモンドが採取されており、その比類なき硬さと独特な輝きから神秘的な力を授ける宝石と信じられていました。
古代インド人たちは高度な研磨技術を身につけており、ダイヤモンドに平らな研磨面を施すこともしていますが、彼らは丸く磨いたカボション・カットのように面をつけていない石をむしろ好んでいたそうで、研磨面がありダイヤモンドの輝きを増すカットの開発が進むのは中世ヨーロッパの時代まで待つ必要がありました。

14世紀〜 ヨーロッパ

テーブル・カット
ローゼンツ・カット
ローズカット以前の
簡単なカット

インドから運ばれたダイヤモンドが、硬さだけでなくその輝きが注目されるようになるのは14世紀に入ってからです。
14世紀末にはパリでダイヤモンドの研磨職人が働いていたと文献に残っており、研磨職人たちはさまざまな形にダイヤモンドをカットしていたようです。このとき以降、ダイヤモンドの輝きが求められていきます。
15世紀半ば頃にテーブル・カットやローゼンツ・カットが出現、16世紀に入るとローズ・カットが生まれました。

ローズ・カット
マザラン・カット
ローズ・カット

17世紀に入るとそれまでより多くダイヤモンドが南アフリカやインドから輸入されるようになったため、ダイヤモンドへの関心も高くなりました。
また、ルイ14世とフランス宮廷の時代になると夜会の蝋燭の光がファセットと呼ばれる研磨面に反射する輝きを追求するようになります。テーブル・カットなどは面の多いローズ・カットに勝てなくなり、ブリリアント・カットの始まりにつながっていきます。

ローズ・カットの初期では原石の形に合わせて研磨されていましたが、次第に研磨面が多い複雑なカットへと変わっていきました。
一般的に平らな底面を持ち中央に向かって高さをつけながら24の三角形の面が組み合わされて研磨されているローズ・カットは、その形がバラのつぼみに似ていることからこの名前がつけられました。
研磨職人たちによってダイヤモンドをより輝かすことが考えられ、試行錯誤の結果、最初のブリリアント・カットと言われるマザラン・カットが登場します。研磨面が少ないとてもシンプルな形ですが、ここからブリリアント・カットの改良が重ねられていきました。

オールド・マイン・カット
オールド・ヨーロピアン・カット
オールド・ヨーロ
ピアン・カット

17世紀末になり、ベネチアの研磨職人であるペルッツィによって現代のブリリアント・カットに繋がる最初の58の研磨面を持つカット、オールド・マイン・カットが開発されます。現在のブリリアント・カットの原型とも言われますが、この時はまだ正方形に近い外形を持っていました。
その後、オールド・マイン・カットから発展し外形が円の形をしたオールド・ヨーロピアン・カットが登場します。研磨面は58と変わりはありませんが、研磨面の形が大きく変わりました。現在のラウンド・ブリリアント・カットに非常に近い形です。
外形が円に変わったことで、ダイヤモンドの輝きの美しさを決定づける3つの要素、『ブライトネス』『ディスパージョン』『シンチレーション』を引き出すことに成功したのでした。

20世紀~

ラウンド・ブリリアント・カット
オーバル・ブリリアント・カット
ペアシェープ・
ブリリアント・カット
マーキーズ・ブリリアント・カット
ハートシェープ・
ブリリアント・カット
エメラルド・カット
プリンセス・カット
ラウンド・ブリリ
アント・カット

19世紀末の電灯の発明とともにダイヤモンドのカットが再び開発されていきます。初期のブリリアント・カットはパビリオン側が更に浅くなり、より適正なプロポーションとなって行きました。
1919年、マルセル・トルコフスキーによりダイヤモンドの光学的特性に基づいたブリリアント・カットのプロポーションが発表されました。これが現在の一般的なブリリアント・カットのベースとなっています。

ラウンド(円形)以外の形のものをファンシー・シェープと呼び、オーバル、ペアシェープ、マーキーズ、ハートシェープ、プリンセス・カット(通称)などのブリリアント・カットが多数あります。
研磨職人の腕だけでなく研磨機械の発達により、現在は上記のような形だけでなく多数の研磨面を持ったものや動物の形をしたものなど、様々なカットが存在しています。

Floor Guide | フロアガイド

6F | Trivia | ダイヤモンドの雑学

お手入れ方法、身につけ方など、知っていれば得するダイヤモンドを楽しむための雑学をご紹介します。

5F | Gallery | ダイヤモンドギャラリー

歴史的に有名なダイヤモンドやアンティークダイヤモンドなど、貴重なダイヤモンドをご覧いただけます。

4F | World | 世界のダイヤモンド

世界中でダイヤモンドがどのように扱われているか、その一部をご紹介します。

3F | Grading | ダイヤモンドの評価

ダイヤモンドの評価基準、評価を明らかにすることの意味、グレーディング・レポートの読み方などをご紹介します。

2F | Variation | ダイヤモンドのカット

ダイヤモンドは研磨とカットによって美しく光り輝きます。研磨とカットについて、くわしくご説明いたします。

1F | History | ダイヤモンドの誕生

ダイヤモンドはどのように誕生し、どのように採掘されるのでしょうか。ダイヤモンドの不思議、第一歩です。

B1 | Theater Room | シアタールーム

ダイヤモンドに関する疑問をわかりやすく映像にしました。お子様にも楽しんでいただけます。

B2 | Community Space | コミュニティスペース

ダイヤモンドに関するアンケートなど、みなさまのご意見をお聞かせください。

Top of Page