ダイヤモンド専門のミュージアム「ダイヤモンド・ミュージアム」

ダイヤモンド・ミュージアム - Diamond Museum
Diamond Museum : Homeダイヤモンドの評価 › グレーディングレポート

3 [3]

3F | Grading | ダイヤモンドの評価

グレーディングレポート

ダイヤモンド・グレーディング・レポートの読み方

カット・形状 Shape & Cut

(a)ラウンド・ブリリアント・カット

丸型で、クラウン側に33、パビリオン側に25、合計58のファセット(研磨された面)を持ったカットのことです。これがダイヤモンドの美しさを最大に引出す形と言われています。

(b)ファンシー・シェープ・ダイヤモンド

ラウンド・ブリリアント・カット以外にも、オーバルやハートなどいろいろな形にカットされることがあり、これらを総じてファンシー・シェープと呼びます。
ファンシー・シェープには、一般的には以下のようなものがあります。(カットの種類へ

図:ファンシー・シェープの種類

表示例Round Brilliant Cut」など

寸法 Measurements

プロポーションの自動計測装置(ダイアメンション)を使用してダイヤモンドのガードル径2ヶ所(最小値と最大値)と全体の深さを測定し寸法として記載しています。

表示例「4.89 ー 4.93×3.01 MM」など

重量(カラット) Carat Weight

カラット(略字ではct)は、宝石の重量を表す用語で、1カラットは0.200gです。精密な電子天秤を用いて小数点第3位(1/1000カラット)まで測定します。

表示例「0.450 ct」など

カラー(色)の等級 Color Grade

黄色の色調の微妙な違いを格付け分類するのがダイヤモンドのカラー評価です。一般には純粋無色なものをDカラーとし、以下E、F、G、H・・・Zまで分類評価します。カラーの評価をする時はマスターストーンと呼ばれる標準となるダイヤモンドと比較して、微妙な色調の差異を判断します。

  • D-F :一般人には無色に見える
  • G-J:無色のD-Fと比べると黄色味を僅かに感じる
  • K-M:黄色味を僅かに感じる
  • N-R:非常に明るい黄色と感じる
  • S-Z:明るい黄色と感じる

なお、Zカラー以下のダイヤモンドやピンク、ブルー、パープル、グリーン、オレンジ等のファンシーカラーと呼ばれる様々な色調を帯びたダイヤモンドは、別の分類評価をします。

表示例 「D」「G」「Z」など

色の起源 Color Origin

検査の上、その色が天然か人為的かを記載しています。

表示例 「天然(Natural)」など

クラリティー(明澄度)の等級 Clarity Grade

磨かれたダイヤモンドを専門家が10倍に拡大し検査してインクルージョン(包有物)の有無、位置、大きさ、性質、数、色を総合的に判断してクラリティーの評価は行われます。クラリティーの評価は、フローレス(FL)を最高に肉眼でインクルージョンが見えるI-3まで11段階に分類されています。(4C クラリティー

表示例 「FL」「IF」「VVS-1」など

カットの等級 Cut Grade

プロポーション(形)とフィニッシュ(研磨の仕上げ)を基に総合的に決定されます。

  • Excellent(エクセレント)
  • Very Good(ベリーグッド)
  • Good(グッド)
  • Fair(フェアー)
  • Poor(プアー)

の5段階に等級付けされます。

表示例 Excellent」など

フィニッシュ(研磨の仕上げ) Finish

(a)研磨状態 Polish

ダイヤモンドのファセット(研磨された面)の研磨の仕上げ評価です。以下の5段階に等級付けされます。

  • Excellent(エクセレント)
  • Very Good(ベリーグッド)
  • Good(グッド)
  • Fair(フェアー)
  • Poor(プアー)

表示例 Excellent」など

(b)対称性 Symmetry

対称性とは、ダイヤモンドのファセット(研磨された面)の位置やバランスの仕上げの評価で、以下の5段階に等級付けされます。

  • Excellent(エクセレント)
  • Very Good(ベリーグッド)
  • Good(グッド)
  • Fair(フェアー)
  • Poor(プアー)

表示例 Excellent」など

蛍光性 Fluorescence

ダイヤモンドは、一般的に紫外線を当てると石によって様々な蛍光を発します。ここでは、蛍光の色調や強さを記載します。品質とは、無関係です。

表示例 faint」など

レポート番号 Number

グレーディングレポートの右上にはレポート毎に番号が記されています。

発行日はレポート右下隅に月・日・西暦(2桁)の順で記載されています。

ガードル径 Girdle Size

直径の最小値と最大値の平均値です。

テーブル径 Table Size

平均直径に対する4箇所の比率の平均値を示しています。
AGL(宝石鑑別団体協議会)会員機関では、プロポーションの自動計測装置(ダイアメンション/オギ)を使用して算出します。

表示例 「54%」など

クラウン角度 Crown Angle

テーブル面に対するベゼルファセット面8箇所の角度の平均を示しています。

表示例 「34.5°」など

パビリオン角度 Pavillion Angle

テーブル面に対するメインファセット面8箇所の角度の平均を示しています。

表示例 「40.8°」など

スター長さ Star Length

テーブルエッジからガードルエッジまでの水平距離に対するスターファセットのポイントからテーブルエッジまでの距離8箇所の平均を示しています。

表示例 「55%」など

ローワーハーフ長さ Lower Harf Angle

キューレット中心からガードルエッジまでの水平距離に対する2つのパビリオンメインが接する点から最短ガードルエッジまでの距離8箇所の平均を示しています。

表示例 「75%」など

ガードル厚 Girdle Thickness

クラウン部とパビリオン部を分けている部分をガードルと呼びます。ガードルは、ダイヤモンドを保護するために必要なもので、最小から最大の厚さを示しています。

表示例 Thin」「Slightly Thick」など

全体の深さ Total Depth

平均直径に対するテーブルからキューレットまでの深さの比率を示しています。

表示例 「61.4%」など

キューレット・サイズ Culet Size

ダイヤモンドのパビリオン部の尖端の大きさを示しています。

表示例 None」「Slighty Large」など

Floor Guide | フロアガイド

6F | Trivia | ダイヤモンドの雑学

お手入れ方法、身につけ方など、知っていれば得するダイヤモンドを楽しむための雑学をご紹介します。

5F | Gallery | ダイヤモンドギャラリー

歴史的に有名なダイヤモンドやアンティークダイヤモンドなど、貴重なダイヤモンドをご覧いただけます。

4F | World | 世界のダイヤモンド

世界中でダイヤモンドがどのように扱われているか、その一部をご紹介します。

3F | Grading | ダイヤモンドの評価

ダイヤモンドの評価基準、評価を明らかにすることの意味、グレーディング・レポートの読み方などをご紹介します。

2F | Variation | ダイヤモンドのカット

ダイヤモンドは研磨とカットによって美しく光り輝きます。研磨とカットについて、くわしくご説明いたします。

1F | History | ダイヤモンドの誕生

ダイヤモンドはどのように誕生し、どのように採掘されるのでしょうか。ダイヤモンドの不思議、第一歩です。

B1 | Theater Room | シアタールーム

ダイヤモンドに関する疑問をわかりやすく映像にしました。お子様にも楽しんでいただけます。

B2 | Community Space | コミュニティスペース

ダイヤモンドに関するアンケートなど、みなさまのご意見をお聞かせください。

Top of Page