ダイヤモンド・グレーディング・レポート照会サービス

English

CGL-GIT W-branding

CGL & GIT W-branding

平素より、弊社をご愛顧いただき心より御礼申し上げます。 さて、このたび弊社とタイ国のGITラボは、互いの技術協力の一環として、国際間取引向けに互いの名称を併記した共通用紙での鑑別書の発行を開始致します。

中央宝石研究所(CGL)とGIT(タイ・ジェム アンド ジュエリー インスティテュート(公共団体))は、日本とタイの輸入国・輸出国としての双方の宝石と宝飾産業および消費者に対する利益、および科学技術協力促進のため、2011年9月に【科学技術協力のための基本合意書(LOI)】を交わしています。それ以降、新しい技術を用いた処理石の検出についての情報提供や互いの宝石専門技術の交換を行って参りました。

今回CGLとGITは、ルビーとサファイアに対して色範囲の分類と標準化、加熱の痕跡の有無を双方のラボの名称を併記した鑑別書で発行して行くことで合意致しました。
この鑑別書の発行は、ルビーとサファイアに対するその一連の共同作業が実を結んだ結果です。

International Gem Identification Report

レポートについての注意事項

このレポートは海外利用を目的としており、Laboratory Manual Harmonization Committee(LMHC)によって定められた標準化された言語と基準に従って作成されます。 同一の宝石でも(社)宝石鑑別団体協議会(AGL)の標準化された言語と基準とはその記述は異なることがあります。

受付開始日

2017年 5月 1日(月)

取扱支店

東京支店

鑑別書料金

鑑別書(写真を含む)

サイズ (ct)

  料 金(JP¥)

2.99ctまで

   8,000円

3から6.99ct

  14,000円

7ct以上

  20,000円

*注: 上記の料金には、日本の消費税は含まれておりません。

 料金は為替レートに応じて改訂されることがあります。

【 About LMHC 】
ラボラトリー マニュアル ハーモナイゼーション コミッティ(LMHC)は、欧州、米国、およびアジアに拠点をもつ以下の宝石鑑別ラボの代表で構成されています:CGL(日本), CISGEM Laboratory(イタリア), DSEF German Gem Lab(ドイツ), GIA Laboratory(米国), GIT-Gem Testing Laboratory(タイ), Gübelin Gem Lab Ltd.(スイス), Swiss Gemmological Institute – SSEF(スイス) http://www.lmhc-gemology.org/

Page Top