ダイヤモンド・グレーディング・レポート照会サービス

English

CGLの歩み(沿革)

CGLの歩み(沿革)

CGLのはじまり

CGLは創業者の宝石学普及への情熱に始まります。1960年代、高度経済成長期。宝石の売買が一般化する一方で、当時の日本宝石業界には鑑別・鑑定の明確な基準が存在せず、取引に問題を抱えるようになっていました。そんな中、CGL創業者 並木正男、高橋昭雄は宝石学普及のため活動を開始。日本各地でセミナー活動を進めながら宝石に関する情報の提供、鑑別などをしてまわりました。その後、東京都台東区に株式会社中央宝石研究所を設立。宝石の健全な売買・流通のための枠組みづくり、宝石業界全体の発展・振興への思いは実を結び、1981年には全国の鑑別機関が集まり鑑別・鑑定問題について協議する宝石鑑別団体協議会(AGL)が発足。同協議会初代代表を創業者 並木正男が勤めました。

沿革

1970 株式会社 中央宝石研究所設立
宝石学の研究・教育(セミナー開設)を開始
鑑別・グレーディング業務開始
1974 宝石学会(日本)設立 発起人としてCGL創業者が参加
1975 鑑別業界初めてのオフィスコンピューターを導入
1978 大阪支店開設(大阪府大阪市心斎橋)
1979 博多支店開設(福岡県福岡市)
1981 甲府支店開設(山梨県甲府市・現甲府事務所)
1984 名古屋支店開設(愛知県名古屋市中区)
1988 コンピューターによるデータネットワークシステムを導入
1991 フーリエ変換型赤外分光光度計(FT-IR)を世界で初めて導入
ジュエリー保税検品サービス開始
1992 ベルギーのダイヤモンド・ハイ・カウンシル(HRD)と業務提携
アントワープ 支店をHRD内に開設(現在は閉鎖)
1993 全自動プロポーション測定器ダイアメンション導入
ISDNによる全支店コンピュータネットワーク化
高機能真珠保管ケース「ジュパール」を開発
自社に営業用保税蔵置場を開設し、保税検品サービスを開始
1994 東京支店に分析センターを開設
蛍光X線元素分析装置を含む分析装置を設置
1995 全支店ネットワーク通信回線を専用デジタル回線に切り換え
1997 大阪支店に分析センターを開設
1998 ダイヤモンドビューTM装置導入
合成ダイヤモンド粗選別装置「ケープディテクター」を開発し、
グレーディング依頼のダイヤモンド全数に、
世界で始めてダイヤモンドタイプによる選別を行う
2003 顕微ラマン分光分析装置を導入
2004 レーザー・アブレーション誘導結合プラズマ質量分析装置
LA-ICP-MS 導入
(社)日本ジュエリー協会(JJA)のテクニカルアドバイザーとして
スタッフが国際貴金属宝飾連盟(CIBJO)総会へ同行
2006 (社)宝石鑑別団体協議会(AGL)が
ダイヤモンドカットグレーディングで
GIAカットグレーディングシステムを導入
CIBJOのカラードストーンステアリングコミッティに
スタッフが委員として参加
2011 LMHCに加入
タイ宝石研究所(GIT)と技術的業務提携を締結
2012 本社にリサーチルーム(国内最大)を設置

Page Top